商品のサポートです

簡易サポート for 辞書
システム辞書の場所の開き方 for Windows XP
  1. 「スタートメニュー」を開く
  2. 「ファイル名を指定して実行」を開く
  3. 「%windir%\ime\IMJP8_1\DICTS」を入力して実行
システム辞書の場所の開き方 for Windows 7以上
  1. 「スタートメニュー」を開く
  2. 「プログラムとファイルの検索」部分に
    「%windir%\IME\IMEJP10\DICTS」を入力して実行
ユーザー辞書の切り替え方法
  1. 「Microsoft IME のプロパティ」を起動させる
  2. 辞書ツールの右に在る参照をClick
  3. 新しく作ったユーザー辞書を開く
不要なユーザー辞書の削除方法
  1. 「辞書ツール」を起動させる
  2. 「ファイル」から、「新規作成」を実行
  3. 「辞書ツール」を閉じる
  4. 「Microsoft IME のプロパティ」を起動させる
  5. 辞書ツールの右に在る参照をClick
  6. 新しく作ったユーザー辞書を開く
  7. 辞書ツールの右に在る修復をClick
  8. 修復を実行する
  9. OKをClick
  10. 再ログインする
  11. 「Microsoft IME のプロパティ」を起動させる
  12. 辞書ツールの右に在る参照をClick
  13. 不要なユーザー辞書ファイルを削除
ユーザ辞書の場所の開き方 for Windows XP
  1. 「スタートメニュー」を開く
  2. 「ファイル名を指定して実行」を開く
  3. 「"%APPDATA%\Microsoft\IMJP8_1"」を実行
ユーザ辞書の場所の開き方 for Windows 7以上
  1. 「スタートメニュー」を開く
  2. 「プログラムとファイルの検索」部分に
    「%APPDATA%\Microsoft\IMJP10」を入力して実行

簡易サポート for 単機能ツールズ
「コンテキストメニュー」の
「送る」場所の開き方 for Windows XP
  1. 「コマンド プロンプト」を開く
  2. 「START shell:sendto」を実行
「コンテキストメニュー」の
「送る」場所の開き方 for Windows XP
  1. 「スタートメニュー」を開く
  2. 「ファイル名を指定して実行」を開く
  3. 「shell:sendto」を実行
「コンテキストメニュー」の
「送る」場所の開き方 for Windows XP
  1. 「スタートメニュー」を開く
  2. 「ファイル名を指定して実行」を開く
  3. 「%USERPROFILE%\SendTo」を実行
「コンテキストメニュー」の
「送る」場所の開き方 for Windows7、Windows8、Windows10共通
  1. 「スタートメニュー」を開く
  2. 「プログラムとファイルの検索」部分に
    「shell:sendto」を入力して実行
「コンテキストメニュー」の
「送る」場所の開き方 for Windows7、Windows8、Windows10共通
  1. 「スタートメニュー」を開く
  2. 「プログラムとファイルの検索」部分に
    「%APPDATA%\Microsoft\Windows\SendTo」を入力して実行

戻る
inserted by FC2 system